!important

早漏防止薬で得られる効果

早漏防止薬で得られる効果

早漏改善薬にはさまざまなタイプのものが発売されており、内服薬や、直接陰茎に薬剤を塗るものがあります。

さらに陰茎に直接使用する薬剤にはクリームやジェル、ローション、スプレーなどが流通しており、早漏に悩む人の選択肢は広くなっています。

また、既にコンドームの内側に薬剤が添付されていて、いつも使用するコンドームと同じように使用できるものもありますし、医療用の医薬品ではありませんが、早漏の防止や改善を目的としたサプリメントも販売されています。

さまざまな治療方法の中からご自身の生活スタイルに合わせ、取り入れてみましょう。

早漏の改善に適応がある医療用の医薬品は日本では現在承認されていませんが、既に世界60ヶ国以上で承認されています。
早漏改善の内服薬を使用したい場合は、個人輸入するのがおすすめです。

プリリジー

プリリジーは世界で初めて早漏の改善に効果が示され、承認された内服薬です。

有効成分であるダポキセチンは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というグループに分類され、セロトニンの再取り込みを阻害するという作用を持つ化合物です。

脳内の伝達物質であるセロトニンを増加させることで、ノルアドレナリンの分泌を抑制し、興奮状態を改善し早漏を改善へ導くとされています。

脳内の過剰な興奮状態を抑えることで射精に至る時間を長くする効果を示しますので、平均すると射精に至る時間は3~4倍に延長するといわれています。

服薬してからおよそ30分で効果が発現し始め、3~4時間まで効果は持続するとされていますので、性行為の1時間前に飲むことが推奨されています。

食事の影響もほとんどありませんので、いつでも服用可能で生活に取り入れやすい薬剤と言えます。

アメリカ人の男性患者を対象とした臨床試験では、プリリジーを12週間、性交渉の前に服用した結果、30mgを使用したグループでは膣へ挿入してから射精に至るまでの時間が平均1分未満から3分以上に延長することができ、60mgのグループでは平均1分未満から4分以上に延長することができたとする高い効果を確認することができました。

75%の早漏の患者に効果があるといわれており、非常に高い早漏改善率を誇る薬剤ですが、日本では未承認の薬剤ですので、使用したい場合は個人で輸入する必要があります。

キシロカイン

キシロカインは有効成分リドカインを含む局所に作用する麻酔薬です。

早漏で悩んでいる方は、性交渉時に陰茎が刺激に対して過剰に反応してしまうことですぐ射精してしまうという状態となっていますので、麻酔薬であるキシロカインを陰茎に直接塗布することにより、陰茎自体を刺激に強く反応しない状態にもっていきます。
性交渉時の快感は保ちつつ射精に至るまでの時間を延長し、早漏を改善する薬剤となります。

作用機序としては、感覚に関与するNaイオンの働きを抑制する働きを持ちます。
つまり、陰茎で受けた刺激が脳内に伝達されないようにするため、あるいは遅らせるため、局所である陰茎のみにおける麻酔作用を示す薬剤です。

キシロカインは表皮から吸収された後ターゲットとなるNaチャネルに結合し、脳に伝わる刺激を低下させ、陰茎の感覚を鈍らせます。

さまざまなタイプの塗布剤があり、クリーム剤やジェル剤、ローション剤、スプレー剤などから、ご自身の生活スタイルに合わせて選択する事が可能です。
スプレータイプは性行為の直前に陰茎に直接噴霧して使用しますので、トイレなどで焦ることなく手軽に使用する事ができます。

ローションタイプは陰茎局部に直接塗り込むタイプであり、使用する際はパートナーに協力してもらうことで、よりパートナーとの関係を親密なものにできるかもしれません。

早漏サプリ

早漏の改善を謳うサプリメントには、さまざまな原料を用いて多くの種類が販売されていますが、代表的なものの1つに亜鉛があります。
亜鉛には性的活動に必須となるテストステロンという男性ホルモンの体内生成を補助する効果が期待できます。

とある調査によると、男性の亜鉛欠乏と性機能障害には関連性があり、1日11mgの亜鉛を継続的に摂取することで、射精に至るまでの時間をより長くすることが分かっています。

また、早漏の改善に関与するセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれるサプリメントを補助的に飲むことで、神経伝達物質であるノルアドレナリンによる交感神経が優位の状態を正常化してくれる効果が期待できますので、早漏に効果があるとされています。

トリプトファンを成分とするサプリメントには、その他睡眠のサポートやペニス増大などを目的として販売されているものもあります。

天然成分であるカヴァを含むサプリメントでは、性的刺激に対する反応を遅延させ陰茎への血流を増加させることで、勃起を長く維持するのを助ける効果が期待されています。

またハイビスカスエキスを含むサプリメントにおいては、ストレスを緩和させ、リラックスした性的感情を促進し、勃起を維持し射精をコントロールする男性機能を助けるとされています。

その他にも、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダを含むサプリメントを継続的に使用することで無理なく自然に男性機能が高まり、早漏改善にも期待が出来るとして評価されています。

早漏防止コンドーム

早漏を防止するためのコンドームも開発され、流通しています。
コンドームの内部側にのみ局所麻酔薬が添付されており、陰茎に塗る手間がかからず自然に取り入れることができるアイテムとして評価されています。

局所麻酔としての有効成分が陰茎に局所で直接作用して、感覚の伝達に関与するNaイオンを抑制することで、性的刺激の伝達を弱めるメカニズムを持ちます。
そのため陰茎が直接刺激を受けても鈍っている状態にありますので、その刺激が脳へと伝導されにくくなり、射精に至るまでの時間をより長く保つことができます。

コンドームは避妊が必要な場合、性行為の際には必須のアイテムであり多くのカップルに用されています。

現状として、日本人カップルのコンドーム使用率は半数未満であることをご存知でしょうか。
アメリカでは避妊の必要性のない夫婦などでは20%未満のコンドーム使用率であるようですが、一方でカジュアルな関係性である場合には50~65%と高い使用率となっているようです。

世界的にコンドームは広く使用されており、薬剤が添付されているコンドームを使用する事に抵抗を感じる事はありません。

特に早漏であることをパートナーに知られずに改善したいと思う人にとっては、非常に使いやすいタイプの治療薬でしょう。