!important

入手方法が限定されるプリリジー

入手方法が限定されるプリリジー

プリリジーは国内未承認の医薬品です。
つまり、厚生労働省が日本国内における医薬品市場の流通を許可しないかぎり、病院やクリニックといった医療機関から処方され、日本の患者の人たちの手に渡ることはありえません。
そうしたルートが構築されていないからです。

そもそもプリリジーは町の至るところにあるドラッグストアで手に入れることができる医薬品ではありません。
医療機関に受診をし、ドクターの診断に基づく処方せんなくして、医薬品を手に入れることのできない代物です。

その結果、プリリジーを手に入れるには、認可済みの海外から取り寄せるもしくは、海外から取り寄せている医療機関に受診し、処方せんを経て手に入れるという方法しかありません。

自由診療であれば、プリリジーの処方は可能

国内でまだ認可されていないプリリジーは、一部のクリニックにおいて、厚生労働省による許可を得た上で、海外輸入の同医薬品を処方しています。

日本では、厚生労働省の認可済みの医薬品は、公的医療保険の健康保険をはじめ、国民健康保険や後期高齢者医療制度が適用となります。
ドクターや薬剤師による医療行為の費用は、厚生労働省が定めた対価に基づき、算出された診療報酬が適用される仕組みとなっています。

その結果、消費者の自己負担額は、厚生労働省が定めた診療報酬の公的価格に対する2~3割となっています。

ところが、厚生労働省未認可の医薬品は、各種医療保険や診療報酬が適用されないことから、医療行為および薬剤に関する価格設定は各医療機関に委ねられます。
そのため、患者自身が費用の全額を支払う負担となります。未認可の医薬品を活用すると、高額な治療費が必要となるのです。

現在、プリリジーを利用するには、公的医療保険もしくは診療報酬の適用されない自由診療ということになります。
多くのクリニックの場合、治療代に関する情報について、ホームページにて公開しています。
実際に診療を受ける際には、確認することを推奨いたします。

医療用医薬品と一般用医薬品

処方せん医薬品であるプリリジーは、高い効果を誇る医薬品として指定されています。
つまり、ドクターの診断の後、処方される医薬品なので、処方せん医薬品と言います。
別名で医療用医薬品とも呼びます。

一方で、効果の高い医薬品であるため、副作用についても注意しないといけません。
消費者が活用するためには、ドクターの判断が求められる医薬品であり、厚生労働省の指定も必要です。

厚生労働省の認可がまだ下りていないプリリジーですが、処方せん医薬品として取り扱いが行われています。
なぜなら海外における認可状況と、高い医薬品の効果という観点からです。

そうしたことから、ドラッグストアなど一般の薬局では取り扱いが行われていません。
なお余談ですが、ドラッグストアなど一般薬局で取り扱われている医薬品のことを、一般用医薬品と言います。

また長期にわたる安全性の実績から、処方せん医薬品はスイッチOTC薬と呼び、ドラッグストアなど一般の薬局でも購入できるようになっています。

はじめに要指導医薬品を購入する場合は、必ず管理薬剤師による説明を受けなければなりません。
こうした医薬品の販売方法については、医薬品の安全性の確立、もしくは実績などとともに変化していくことでしょう。

通販を利用する注意点は?

では、プリリジーを手に入れるにはどうしたらよいでしょうか。
海外市場に出回っている医薬品を、個人輸入をしてくれる代行業者を活用するという手があります。

その方法は、通常のネットショッピングの通販業者とのやり取りとほぼ同様です。
はじめに、個人輸入代行業者のホームページにアクセスしてください。

まず欲しい医薬品を、通販業者が取り扱う医薬品の中から選びカートに入れてください。
ホームページ上に羅列された医薬品の中から、プリリジーの購入ボタンをクリックすれば完了します。
数え切れないほどの個人輸入代行業者が存在しますが、その中から信頼に値する業者を選ぶことが重要なポイントです。

さしあたり、語学力に自信のない方は日本語対応の個人輸入代行業者を選びましょう。
それに加えて、厚生労働省からの許可を得ているかどうかも確認してください。
そうした情報はホームページに掲載されているはずです。

また、日本ではなく海外に本拠を置く個人輸入代行業者もいます。
そうした場合は、海外の規制当局から承認された医薬品を取り扱う業者であるかどうか必ず確認しましょう。
合わせて、利用者による口コミの数もしくはその内容、購入した場合や発送時の注意事項などについても、判断材料になり得ます。
つきあいやすい業者を探してください。

プリリジーを服用し早漏の悩みを解決!

世界初の服用タイプの早漏防止薬として、プリリジーはヨーロッパやアジアをはじめとする50か国以上で活用されています。
各国で承認を得ており、なおかつ多くの方々に活用されています。

プリリジーを服用することで、70%を超える高い確率で早漏の改善が可能という報告も寄せられていますので、今後ますますシェアは高まるでしょう。
何より使い勝手がよいという医薬品であることもポイントです。
必要な時は、性行為の1時間前に服用してください。

国内の承認はまだですので、個人輸入という手段を活用して、プリリジーによる早漏の改善を図り満足のいく充実した性行為を目指しましょう。