早漏(そうろう)とは

早漏(そうろう)とは

早漏はPEとも言われ、Premature Ejaculation(プリマチュア イジャキュレーション)の略称です。

早漏は、膣への挿入前や挿入してすぐのタイミングで、コントロールできずに射精に至ってしまう男性の性機能障害です。
射精に至る時間が短いことが続くと、ご自身やパートナーにもストレスとなってしまいます。

アメリカで行われた調査によると、18歳から59歳の男性の実に21%が早漏の症状で悩んでいるという結果が得られており、その他の研究では男性の5~30%が早漏であるというデータもあります。

早漏の発生機序は不明ですが、身体機能には特別な問題がないことが多く心因性が根本的な原因であることが示唆されています。

早漏の医学的定義

早漏の医学的な定義は、現時点では国際性機能学会(International Society for Sexual Medicine, ISSM)がさまざまな研究結果を総合して示した定義が汎用されています。

その定義は、2008年に開催されたアメリカの泌尿器科学会(American Urological Association, AUA)において発表された早漏についての臨床ガイドライン(2004年公開、2010年改訂)に記載されています。
この早漏の臨床ガイドラインによると、男性が発症する性機能の障害のうち多くの方で発症するのが早漏の障害であるとされています。

早漏は、ほとんどの性行為時において、膣内へ挿入する前か挿入しても1分以内にコントロールできず射精に至ってしまう状態であり、射精のタイミングが早いために精神的なストレスを感じており、場合によっては性行為を避けてしまう状態であると定義されています。

早漏治療が必要な基準

早漏の臨床ガイドラインでは、早漏は男性側の性機能障害であり、膣への挿入から射精に至るまでの時間がコントロール不能で短く、男性自身がそのことをストレスに感じている状態だと定義していますが、一般的に射精に至るまでの時間は5~7分程度とされています。

ご自身が当てはまるか、一度チェックしてみても良いかもしれません。

早漏の治療が必要かどうかは、発症の時期や、膣に挿入してから射精に至るまでの時間、男性が射精までの時間をどのくらいコントロールできると感じているか、男性が早漏によりどんなストレスを感じているか、パートナーは早漏であるという状況にストレスに感じているか、パートナーとの関係性について懸念事項はあるかなどの問診内容を総合的に判断し、早漏と診断された場合は早漏の治療を行っていきます。

具体的には、性行為時の75%以上において早漏の症状があらわれ、膣に挿入してから射精に至るまで1分以内であるか膣への挿入前に射精に至ってしまういずれかの症状が半年以上にわたり継続していること、また身体的な要因がなく、心因性のストレスが発症の原因と考えられることが基本的な治療開始の基準となります。

また患者本人が早漏の症状についてどのくらいストレスと感じているかについて正確な判断が難しい場合は、数値化して客観的に判断できるツールとして「早漏診断ツール」というものがあります。

設定されている各質問内容にあらかじめ用意されている5つの回答の中から最も近いものを選択してもらい、それらを合計し現状を点数化して治療開始の判断の参考にされる場合もあります。

早漏の分類

早漏はその発症の時期により原発性か続発性の2種類に分けられることがあり、原発性の早漏は性交渉を行った初期の頃から早漏の症状がある人のことをいいます。

ほとんどの性行為中において、膣に挿入する前のタイミングか、挿入しても1分以内に我慢できずに射精に至ってしまう状態であり、その状態に精神的なストレスを感じ、性行為をだんだんと避けてしまう傾向にあるといわれています。

一方続発性の場合は、通常に射精が行えていたものの、ある時期から早漏の症状があらわれてしまった人のことをいいます。

膣に挿入してから射精に至るまでの時間が以前と比較して極端に短くなってしまった状態であり、一般的に3分以内にまで短くなるとされています。
その結果、性行為をすることにストレスを感じるようになり、性行為を避けてしまう場合もあるといわれています。

原発性でも続発性であっても、一番症状が重いとされる早漏は、膣への挿入前に射精に至る場合です。

パートナーや状況などを問わずいつも一定に発生する早漏は一般型、ある刺激に対してのみ早漏の症状があらわれる、あるパートナーに対してのみ早漏の状態になってしまう場合は状況型に分類されます。

早漏についてのまとめ

性交渉は自然な人間の行動であり、愛情を表現する基本的な行為といっても過言ではありません。

早漏になると性行為自体が満足できずストレスとなってしまい、自尊心が傷つくほか、パートナーとの関係などが崩れてしまう危険性すら孕んでいます。
男性の30%は早漏にまつわる何らかの悩み事を抱えているという報告もあります。

早漏は決して珍しい症状ではなく、また要因も心因性が多いとされていますが器質性もありその症状は個人差がありますので、一人ひとりに適格とされる治療を選択して改善に導いていく必要があります。

専門の医療機関により専門的な治療を受けることは効果的に改善する場合があります。
必要であれば関係が崩れる前にパートナーに相談し、積極的に治療を行うようにしましょう。